「 2017年08月 」一覧

クルマの買い替え

初めて新車で購入した、平成15年式 HONDA・ザッツターボ・ブラック色。購入価格は諸経費含み150万円ほどでした。当時四角い車がすきで、小回りの利く軽四自動車にしました。
車内はほとんど物も入れずシンプルに。それでも、事故等はなく、オイル交換も5,000Kmに一回行っていたためエンジンの故障等はなかったけどタイヤのバーストは二回ほどありました。
バースト状態のタイヤで走行できないので車の保険にJAFサービスが付加されていたので一度は利用しました。

タイミングベルトにも問題はありませんでした。

ここで調べてきちんと対応しましたから。

タイミングベルト 交換費用

 

二度目バーストした時は、季節は梅雨時だったので、じめじめした気候に助長されものすごく落ち込んでいたのを思い出します。
知人がタイヤ商会を経営していたのでそちらに連絡して車を乗せるトラックで現場まで迎えに来てくれることになりました。
仕事中の出来事です。これが営業職だとクライアントの打ち合わせ時間等が気になりもっと精神的に焦るかもしれません。
実は私も営業の途中で事務所に帰る途中でした。社用車ではなかったので逆に変な余裕があったものです。
当時は今みたいにスマホとかはなく待っている間、仕事の資料の見直しや家族に電話したり30分ほどあれやこれやと落ち着かなかったものでした。
ザッツはインチアップしてあったので、2、3日在庫がないためタイヤ商会にあずけることに・・・
旅好きだったため走行距離20万km超えたので買い替えを考慮しました。車自体はどこも壊れてはいなかったが、遠出の旅、車中泊がしたくなり買い替えを決めました。
喫煙歴がなかったので車内は比較的綺麗です。あと、デイ―ラ―車検を受けていました。ただ、やはり軽四で20万km超えていたので下取り価格は100,000円。
普通だったらこの走行距離だとほとんど値がつかないらしいのですが。
新しい車は、キャンピングカーではなく中古のボンゴバン。自分でカスタマイズしても悔いのないよう、中古で購入しました。型式は平成13年式。今ではもう販売されていないものです。
インターネットで探し、新潟の中古車販売で購入。諸経費込みで40万円。
他県なので下見してザッツの買い取り価格を査定してもらい、即購入手続きへ。後日、当県の支店にてザッツと交換で納車。
購入した当時のボンゴの走行距離は9万km。ザッツターボに乗っていた時のスピード感はないが故障もなく現在に至ります。
購入する前のオーナーは農業を営んでいらしたらしく、社内の装備は純正そのまま。逆にカスタマイズするにはもってこいのボンゴ。
ただ、小回りの利いたザッツ。フットワークが軽かったザッツ。
齢をとるのは薬・・・ゆっくり、のんびり、車内をカスタマイズしてる時、お気に入りの服をどこにしまったかな的な思いがよみがえります。